1. TOP
  2. 有料トレーニング
  3. 新たなモデリングの手法を切り開く! Grasshopperトレーニング
  1. TOP
  2. 有料トレーニング
  3. Rhinoceros
  4. 新たなモデリングの手法を切り開く! Grasshopperトレーニング
  • 新たなモデリングの手法を切り開く! Grasshopperトレーニング
  • 新たなモデリングの手法を切り開く! Grasshopperトレーニング
  • 新たなモデリングの手法を切り開く! Grasshopperトレーニング
  • 新たなモデリングの手法を切り開く! Grasshopperトレーニング
  • 新たなモデリングの手法を切り開く! Grasshopperトレーニング
  • 新たなモデリングの手法を切り開く! Grasshopperトレーニング

新たなモデリングの手法を切り開く! Grasshopperトレーニング


Grasshopper(グラスホッパー)は、Rhinocerosのモデリングを支援する無料のプラグインツールです。
通常のモデリングでは実現不可能な、大量のデータ処理と自由曲面を含む3次元形状をアルゴリズムによる自動計算により生成できます。
オブジェクトの個数や半径設定のパラメーターを操作してシミュレーションを行えますので、ベストな形状を導き出して、デザインの意思決定を行うことができます。
3Dモデリングツールが制作現場で当り前に使用される現代において、デジタルデザインの新しい潮流としてアルゴリズミックデザインが注目を浴びています。


GrasshopperはRhinocerosのメーカーであるRobert McNeel & Associates社のデビッド・ルッテンが開発し、今後はRhinocerosのツールセットとしての標準搭載される予定です。
これらの事からGrasshopperは決して特異なプラグインソフトではなく、モデリングの正統進化のためのツールとして期待されています。



本トレーニングでは、Grasshopperの基礎およびその活用方法を学びます。


■トレーニング内容

・Grasshopperの基礎(起動、インターフェース説明、基本操作演習や階層構造を理解)

・Grasshopperによるモデリングの自動化
(ミラー、環状配列、曲線の分割、曲線のフィレット/ブレンドの動作をアルゴリズムで再現)

・サーフェスのUV分割によるパターンの矩形配列(UVN方向の理解とt値のリパラメタライズ)

・点や線によるアトラクター制御(数値範囲のフィルタリングとリマップ)

・曲面上に槌目模様の作成

・曲面上にランダムカットの作成(三角形平面および凹凸をつけた模様)

・曲面上にハニカムパターンを作成

・教 材: ラトルズ「Grasshopper入門」※トレーニング料金に含まれます。
(使用ソフトウェア: Rhinoceros 5及びGrasshopper)


■開催場所

ディプロス株式会社
〒460-0002
名古屋市中区丸の内3-17-6 ナカトウ丸の内ビル2F
D-stageトレーニングルーム=MAP=

時 間 : 10:00~17:00(昼13時より1時間休憩)


■料金

税込39,800円
※すでにテキストをお持ちの方は、受講料¥36,800(税込)で受講いただけます。
 備考欄にその旨記載の上お申し込みください。
 改めて担当者より振込先と金額のご案内を差し上げます。


■定員

各回 6名


■対象者

・新たな分野のモデリング手法を知っておきたい方
・Grasshopperに興味があるので、使用方法を実際に触って覚えたい方



※本トレーニングはRhinocerosの操作が初めてでも受講可能ですが、Rhinoによるモデリング手法をご存じのほうがGrasshopperの操作の意味合いなどのご理解がより深まる内容となっております。
弊社ではRhino無料セミナーも毎月行っておりますので、そちらのご受講もぜひご検討ください。

※本トレーニングは、2017年9月まで弊社で開催していた『Grasshopper入門トレーニング』及び『Grasshopper応用トレーニング』の内容を統合したものになります。

※受付は15分前から開始いたします。

※全会場とも内容は同じです。

※ディプロスが行うトレーニングの詳細や
 過去の事例については コチラ



■参考資料

Grasshopperを使った作例紹介(弊社official blog記事)
Grasshopper紹介ページ
Grasshopperを使った製品事例


  

商品コード:

販売価格: 36,852 (税抜) 39,800 (税込)

  • Grasshopperトレーニング
人数

商品情報

プログラムを組んで形状検討するアルゴリズミックデザインが可能

新たなモデリングの手法を切り開く! Grasshopperトレーニング

コンポーネントと呼ばれるコマンドを、モデリングの順番に沿ってつないでいき
Rhinoceros側に計算結果の形状を出力します。

Grasshopperによるモデリングの自動化

新たなモデリングの手法を切り開く! Grasshopperトレーニング

パラメーターで形状の調整が可能なタイヤホイールのデザインラインを作成します。

ミラー、環状配列、曲線の分割、曲線のフィレット/ブレンドなど、モデリングに必要な操作をGrasshopperでどのように再現してどういうメリットと使い勝手なのかを学びます。

点や線によるアトラクター制御

新たなモデリングの手法を切り開く! Grasshopperトレーニング

Grasshopperの使用例にてアトラクターというアルゴリズムがあります。
単純にパターンを機械的に並べるだけでなく、点や線によってパターンの大きさをグラデーションで微妙に調整できます。

また、更にこの講習では、
・球体の半径を何ミリ以内に制御するには?
・曲面上でもパターンを配列可能か?
・球体以外を並べるには?
というところまで踏み込んだ内容をご紹介いたします。

パターンカット

新たなモデリングの手法を切り開く! Grasshopperトレーニング

Grasshopperを使用する目的として、製品表面にパターンを施したいとお考えの方がやはり多いと思います。
六角形を配列したハニカムパターンと、平面および凹凸をつけた槌目模様を再現します。

人力では実現不可能な域の形状に挑戦できます

新たなモデリングの手法を切り開く! Grasshopperトレーニング

一度アルゴリズムを組んでしまえば、多様なパターンカットの検討、
全体の形状検討、ランダムパターンのモデリングなどが短時間で行えます!

PAGETOP