1. TOP
  2. Rhinoceros
  3. Rhinoceros7
  4. Rhinoceros7 アップグレード版
Rhinoceros7 アップグレード版
Rhinoceros7 アップグレード版
Rhinoceros7 アップグレード版
Rhinoceros7 アップグレード版
Rhinoceros7 アップグレード版
Rhinoceros7 アップグレード版
  • NEW
  • お問い合わせ商品

Rhinoceros7 アップグレード版

Rhinoceros 1.x ~6.0のライセンスをお持ちの方で、Rhinoceros7へアップグレードされる方向けの商品です。
使用するPCにアップグレードライセンスのインストールを行うと、現在お持ちのライセンスキーの入力が必要となります。

Rhinoceros7
のライセンスは、Windows/Mac共通して利用可能なユニバーサルキーです。
アップグレードされましても旧バージョンのRhinocerosをご使用いただくことが可能です。
ただし使用許諾上、ライセンス数を超える同時起動はできません。
(アップグレードした場合は旧バージョンとアップグレードバージョンで1つのライセンスとみなされます)


※従来のプラグインソフトを使用される等の目的でRhinoceros Ver6をお求めの方はこちら

 



2020年12月に、Rhinocerosの最新版であるVer.7が正式リリースされます。

新規搭載された「サブディビジョンサーフェス」と「クアッドリメッシュ」機能により、これまでより大幅に作成できる形状の幅が広がることと、ポリゴンメッシュデータとの親和性が高まります。

 

■Rhinoceros7の新機能

 

1. サブディビジョンサーフェス(SubD)ツールの搭載

有機形状の自由曲面が格段に表現しやすくなり、編集したSubDサーフェスはCADのサーフェスデータに変換可能。

 

2. 四角メッシュに再生成コマンド(QuadRemesh)

三角形ポリゴンを四角形のクアッドメッシュに綺麗に変換。
更にSubDサーフェスに変換する事でRhinoceros上での形状調整が可能に。

 

3. Rhino.Inside

Revit/AutoCAD/Unityなど他のソフトの拡張機能として、RhinocerosやGrasshopperでの編集機能を使用。

 

4. レンダリング機能の強化(PBRマテリアル、ノイズ除去、Food4Rhinoでの素材DL他)

 

5. Grasshopper機能の強化(GHプレーヤー、干渉検出プログラム他)

 

6. デジタルファブリケーション向け機能(金型製作向けツール、シングルラインフォント)

 

その他主要なV7の新機能
  • 同一平面上のサーフェスの和/差/積演算
  • トリムを再フィット(トリムサーフェスをアントリムサーフェスに変換)
  • リボンオフセット(金型外周合わせ面作成)
  • 自己交差曲線を選択
  • 曲線の自己交差部に点を作成
  • 選択セット(モデリング上グループ選択したい制御点やSubDフェースを保存)
  • エッジの連続性(エッジ間で隣り合う面角度の変移を色表示)
  • レイヤブック(レイヤを個別に順番に表示)
  • 干渉(部品間の干渉又はクリアランス不足な場所を発見)
  • メッシュ上にスナップ(メッシュ表面でのカーブ作成を可能に)
  • 表示透明度を含んだレイヤ色設定

 


 

■Rhinocerosの特徴

Rhinocerosは、NURBSによる3次元モデリングツールです。
滑らかなNURBSカーブや サーフェスを利用することにより、アイデア・イメージを損なうことなく、
直感的、表現力豊かな3次元モデルを具現化することができます。

精度上の制約条件がないため、建築、航空機といった分野から医療機器といった精密機器分野までご利用いただけます。


また、Rhinocerosのもう一つの特徴として豊富なデータフォーマットサポートがあります。
DXF、DWGはもちろん、IGESやSTEPフォーマットもサポートしており、
Rhinocerosを通してCATIA、CREO、NX、SolidWorks等のCADとのデータ交換が可能です。

 

 

■評価版ダウンロード申込み

最新の評価版(Rhino7 WIP)を無償でお試しいただけます。 
ご希望の方は下記よりお問い合わせください。
 評価版ダウンロードを申込む
 ※お問い合わせ内容に、「Rhinoceros7 評価版希望」の旨をご記載願います。
 ※お問合せ受付後、評価版お申込みURLが記載されたメールを送付いたします。

 

 

■御見積りのご依頼

御見積りをご依頼の方は下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。
見積りを依頼する 

 

 

■参考資料

 Rhinoceros7の詳細情報 (※英語版別サイトに移行します。公式の日本語ページは12月初旬に公開予定)

 推奨される動作環境(別サイトへ移行します)

※Rhinoceros7のライセンスは、Windows/Mac共通して利用可能なユニバーサルキーです。

 


■ご購入に関して

メーカーからのRhinoceros7の正式なオンラインのサポート教材、日本語版ヘルプは12月10日頃からの提供となりますのでご了承ください。

※商品は入荷次第随時の発送となります。(11月中旬から入荷予定) 

※従来のプラグインソフトを使用される等の目的でRhinoceros Ver6をお求めの方はこちらでご注文ください。

※商品はメールにて「ライセンス証書」を納品致します。
 ライセンス証書には「ライセンスキー」と「プログラムのダウンロード先」が記載されています。

※商品と共に納品書をお送りさせていただきますが、別途、領収証を必要とされる場合は
 その旨と領収書宛名を備考欄にご記載の上ご注文をお願いします。


新規ライセンスの購入はコチラ

 

商品コード: dip-101

通常価格:      

 

この商品についてはお問い合わせください。

商品情報

サブディビジョンサーフェス(SubD)ツールの搭載

Rhinoceros7 アップグレード版

3DCGソフトではおなじみのサブディビジョンサーフェスを使用する事で、有機形状の自由曲面が格段に表現しやすくなります。
編集したSubDサーフェスは、CADのサーフェスデータに変換できます。

四角メッシュに再生成コマンド(QuadRemesh)

Rhinoceros7 アップグレード版

3Dスキャン等で得られた三角形のポリゴンメッシュグループを、綺麗な四角形のクアッドメッシュに変換します。
左右対称性を求めたり、クアッドメッシュを更にSubDサーフェスに変換する事でRhinoceros上での形状調整が可能となります。
ポリゴンメッシュ→クアッドメッシュ→SubD→サーフェスの順でデータ変換を可能にしますので、リバースエンジニアリングの分野に有効な機能となります。

Rhino.Inside

Rhinoceros7 アップグレード版

RhinocerosやGrasshopperでの編集データを、Revit/AutoCAD/Unityなど他のソフトの画面上に反映できます。
Rhinoceros7を他のソフトの拡張機能として使用できます。

Grasshopper機能の強化

Rhinoceros7 アップグレード版

Rhinoceros側からアルゴリズムを実行させるGHプレーヤー機能、オブジェクトの干渉検出プログラム、SubDサーフェス及びクアッドリメッシュをサポートするコンポーネントも追加。

デジタル成形向け機能などの強化

Rhinoceros7 アップグレード版

ドラフト角度分析から見切り線の生成、金型製作用のリボンオフセット面の作成、その他シングルラインフォントをサポート。

ピックアップアイテム

PAGETOP