1. TOP
  2. CADトレーニング
  3. Rhinocerosトレーニング
  4. 3日で中級レベルにステップアップ! Rhinoceros基礎モデリングコース
3日で中級レベルにステップアップ! Rhinoceros基礎モデリングコース
3日で中級レベルにステップアップ! Rhinoceros基礎モデリングコース
3日で中級レベルにステップアップ! Rhinoceros基礎モデリングコース
3日で中級レベルにステップアップ! Rhinoceros基礎モデリングコース
3日で中級レベルにステップアップ! Rhinoceros基礎モデリングコース
3日で中級レベルにステップアップ! Rhinoceros基礎モデリングコース

3日で中級レベルにステップアップ! Rhinoceros基礎モデリングコース

Rhinoceros開発元である、McNeel社の認定トレーナー資格をもった講師がお教えする基礎トレーニングコースです。

画面操作/Rhino独自の便利なマウスの操作/2Dラインの作成/モデリングに使用する一通りのコマンド習得/図面からの3Dモデリング/データの出力まで、幅広くサーフェスモデリングに必要な知識を身に着けていただきます。
Rhinocerosを独学ではなく、正しい操作方法と基礎知識を学びたいという方は是非ご受講下さい。

*************************************************

長年の幅広い教育経験をもとに、当社でのメーカー認定
Rhinocerosトレーニングコースは、内容を大幅に強化しております。

他社でのRhinocerosトレーニングでは学べない内容ばかりですので、
ぜひディプロスでの受講をご検討ください!

*************************************************


Rhinoceros基礎トレーニング 『モデリングに必要な7つの強化項目』

1) コマンド実行のためのオブジェクト選択
ドアミラーレンダリング画像 Rhinocerosではモデルを作成するにあたり、様々なオブジェクトの要素を使用できます。
直線、曲線、サーフェスのほか、サーフェスエッジ、制御点、アイソカーブ、投影ラインなど状況に合わせたオブジェクトを用意して操作を進められるようトレーニングします。





2) デザインラインの作成方法
ドアミラーレンダリング画像 Rhinocerosで滑らかな曲面を作成するには、その骨組みとなる綺麗な曲線を用意するのが重要な作業となります。
デザインラインを綺麗に描くための制御点の配置方法などをお伝えします。
「制御点の配置具合ってどう決めればいいの?」―そんな悩みを解決します。






3) オブジェクトを切断する
ドアミラーレンダリング画像 【トリム】と【分割】の2つのコマンドは、使用頻度が高いのに多くの初心者の方が苦手と感じ、操作に戸惑ってしまいがちです。
複数の練習課題を用意し、2つのコマンドをスムーズに使用するための操作練習を行います。
オブジェクトを必要な長さにカットする【トリム】と【分割】は習得必須のコマンドです。




4) 作業平面の活用
ドアミラーレンダリング画像 立体空間の任意の位置で、モデリングに必要な断面線などを作図するには『作業平面』の設定が必要です。
作業平面の設定と取り扱いを覚えていただきます。







5) モデリングトラブルの対処
ドアミラーレンダリング画像 Rhinocerosでコマンド実行がうまくいかない場合の解決方法の例をお伝えします。
初心者の方では気づきにくい所にコマンドエラーの原因があります。よくある操作ミスを前もって知ることで、トライ&エラーの作業を少なくします。






6) 次数、制御点、キンクの関係性
ドアミラーレンダリング画像 Rhinocerosのオブジェクトは次数ごとに平面、二次曲面、三次曲面と作成できるオブジェクトの種類が異なります。
NURBSオブジェクトの成り立ちを意識した、サーフェスを貼る際の注意点と、制御点、次数、キンクの違いによるシーム(折り目)の発生について学びます。






7) モデリング課題の追加
ドアミラーレンダリング画像 椅子、電話機、カメラなどのモデリング課題を追加しました。
他社でのトレーニングの場合、トレーニング用モデルとして挙げられていても、説明用の完成サンプルとしてしか扱われないことがあります。
弊社ではお客様にモデリングの経験値を上げていただくために、さまざまなモデリング課題をご用意しております。






■トレーニング内容

はじめに
・ Rhino概要 / Rhinoで扱うオブジェクトの種類の解説
Rhinoインターフェース
・画面構成 / マウス操作 / コマンドの入力 / ヘルプ / コマンドライン履歴 / ビューの操作
ジオメトリの作成と修正
・ 直線の作成 / 自由曲線の作成
・ モデリング補助機能 / 作業の保存 / レイヤー / オブジェクトの選択方法と削除
正確なモデリング
・ 絶対座標 / 相対座標 / 極座標 / 距離拘束と角度拘束
・ オブジェクトスナップ / モデリング補助機能
・ ビューポートと作業平面
・ 解析コマンド / 円、円弧の作成 / 楕円と多角形の作成
・ 自由曲線のモデリング
ジオメトリの編集
・ フィレットとブレンド / 面取り / 移動 / コピー / 元に戻す、やり直し / 回転 / グループ化 / ミラー / 結合 / スケール / ガムボール
・ トリム / 分割 / 延長 / オフセット / 配列 / 作図課題によるおさらい
点の編集
・ NURBSオブジェクトを制御点・次数・ノットの要素で編集
変形可能な自由形状のモデリング
ソリッドのモデリング / ソリッドテキストのモデリング
サーフェス作成コマンド
図面からハンマーのモデリングとプラスチック容器のモデリング
モデルのインポートとエクスポート
レンダリング
・ Rhinoレンダラーを使った、モデルのレンダリング
寸法
・ 寸法の記入 / 3Dモデルからの2D図作成
エクストラ
・ 自由曲面上に形状をフロー変形


■この講座で目指すスキル到達点

Rhinoでモデリングを行うには、サーフェスの骨組みとなる曲線の作図が不可欠です。
まずは素早く正確な曲線が作れるように作図コマンドについて学習し、その後サーフェスコマンドをご紹介していきます。
そしてRhinoで採用しているNURBSモデリングの3つの要素、制御点/次数/ノットについても学びます。これらの学習により、自由曲線および自由曲面の扱いを得意とするRhinoの機能を充分に理解して、3Dモデルの形状調整ができるようになります。
また、曲面形状の製品を寸法に沿ってモデリングするアプローチ方法についても学んでいただきます


■概要

<名古屋会場>
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3-17-6ナカトウ丸の内ビル2F  ディプロストレーニングルーム 

時 間 : 10:00~17:00
 ※日程は下記のプルダウンより選択してください。

定 員 : 6名


■対象者

・Windowsの基本的な操作を習得しており、Rhinocerosを初めて使う方。
・Rhinocerosをこれまで独学で操作してきたが、正しい操作方法を学びなおしたい方。


■お客様の声/よくあるご質問

トレーニング事例/お客様の声
よくあるご質問

※ディプロスが行うトレーニングの詳細については コチラ

商品コード: dip-017

販売価格: 108,000 (税抜) 116,640 (税込)

  • Rhino Level1トレーニング
人数

商品情報

Rhinocerosによる作図作業からトレーニングは始まります

3日で中級レベルにステップアップ! Rhinoceros基礎モデリングコース

Rhinoは3Dサーフェスソフトですが、2DのCADと同じように作図の作業が行えます。

自由曲線による断面線の作成方法とその注意点

3日で中級レベルにステップアップ! Rhinoceros基礎モデリングコース

曲線作成コマンドの種類の違いによる、自由曲線の違いをご説明します。
正確なカーブを作成できなければ、そのカーブから立ち上げる立体形状にも悪影響が及んでしまいます。

各種面張りコマンドのご紹介

3日で中級レベルにステップアップ! Rhinoceros基礎モデリングコース

Rhinoはさまざまな面張りツールを搭載しています。
それぞれのツールの使用上の注意、オプションの設定などをご紹介します。

Rhinoならではの解析コマンドによるサーフェスの連続性のチェック

3日で中級レベルにステップアップ! Rhinoceros基礎モデリングコース

Rhinoは10万円台の低価格なソフトですが、高価格帯のCADに搭載されているようなサーフェスの解析コマンドを使用することができます。

制御点調整の手法を用いた自由形状のモデリング

3日で中級レベルにステップアップ! Rhinoceros基礎モデリングコース

デザインサーフェスを作成できるRhinoでは、断面線を指定しないような自由形状のモデリングも可能です。
制御点・次数・ノットというNURBSモデルを構成する3大要素についても講義いたします。

PAGETOP